美容部員が選ぶ化粧品

20代の頃、化粧品の販売員をしていました。取り扱い商品は、資生堂、ソフィーナ、ディシラと高級な物も多かったです。しかし結婚出産を機に、一番予算を削れるのは化粧品・・でしたので、お値段が安くても品質がい良い物を色々探してみました。
基礎化粧品は、やはりそれなりにお値段が内容成分と関わってくるので、お安いものはそれなりかなぁ、と思いますが、メーキャップは優秀だと思う物に巡り合いました。
私の場合、キャンメイクシリーズには色々お世話になっています。
チーク、リップは何度もリピートしました。まず色味が良いです。使いやすい色味が必ずあります。今風のおもしろい色味ももちろんラインナップされていますが、普通の色味が必ずあるので、安心して選べます。質感も、キラキラからツヤツヤ、マットと幅広いです。
最近グロスも購入しましたが、若いころに使っていた、一流のメーカーより付け心地も良い様に感じます。年月が経って、品質向上したせいもあるのでしょうが、べたべたする割にはうるおいが感じられなかったイメージがありましたが、このお値段でこのツヤツヤ、すごく嬉しかったです。
あと、今は色んなメーカーも出していますが、イミュの、お湯で落ちるマスカラも優秀です。
ついゴシゴシこすって落としてしまいがちなマスカラですが、目元の皮と膚は本当に薄いので、お湯でするりと落ちてくれるマスカラは有り難いです。
お肌をメイクするには安くて良いものを選んでいますが
ここで差が出てくるのは基礎化粧品です。
私はここにはお金をかけていてドクターリセラアクアヴィーナス透輝の滴シリーズは使ったら
もうほかに変えられなくなってしまいました。

美容関係の友達も基礎化粧品の部分にはお金をかけた方がいいと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です