私が体調不良で不登校になった話

私は高校生のとき、精神的に弱くなってしまったことがありました。学校にうまく溶け込めないということもあり、あまり友達もいなかったのですが、周りの人の声が全部自分の悪口に感じてしまうようになったのです。

もちろん、私が思っているよりみんな私には興味がないだろうし、そこまで言っていないとは思うのですが当時の私はそれが本当に辛く、そこから一ヶ月ほど学校に行けなくなりました。正直、もう学校をやめてしまいたいとも思う日々が続いていたのですが、唯一できた友達に救われたこともあり少しずつではありますが学校に行く日々を取り戻していきました。
しかし、朝起きると頭痛が起きたりふらふらして調子悪い日がありまた不登校に。
母に連れられ病院へ行くと
低血圧で起立性調節障害と診断されました。
特に薬はなく不登校の日々
そんな時ネット通販で起立性調節障害サプリを見つけました。
それを飲むようになってだんだんと学校へ行けるようになったのです。

高校生になるまで自分がそんな生活を送るなんて思ってもいませんでしたし、どちらかという学校は楽しいものだと感じていました。しかし、実際に迎えた高校生活は楽しいものとは真逆にありました。ある意味でいろんなことを学べた学校生活でもあります。不登校になったことをいい風にとらえていきたいという自分の中での思いもあるのですが、なったことで一つの事柄にも色んな見え方があってそれは人それぞれだということを知ることができました。当時はそんなこと全く思いませんでしたし、早く時が過ぎてほしいとばかり考えていましたが、今はポジティブに捉えたいと思っています。